さあ、困った こんなときどうする?飼い主さんが知っておきたい犬の病気
tel_sp.png

ご家族の方へ
わんちゃんこんな異変ありませんか?

目やにや涙が多い
目やにや涙が多い

目やにが出る、涙が多い、視力の低下など、目に異常を感じたら獣医師や眼科専門医の診断をおすすめします。

詳細はこちら
耳をかゆがる
耳をふる
耳をかゆがる 耳をふる

かゆみや痛みを感じると、さかんに耳をふります。週に1回程度の耳そうじを習慣づけることが大切です。  

詳細はこちら
食欲がない
食欲がない

食欲がなくなる、元気がなくなる、痩せるなど、心臓や肝臓など、内科系の病気につながる可能性があります。

詳細はこちら
ふけ・湿疹などが多い
ふけ・湿疹などが多い

頻繁に体を掻く、かゆがる、フケや湿疹などがあり、皮膚を清潔に保ち、日常のケアを心がけることが大切です。

詳細はこちら
嘔吐を繰り返す
嘔吐を繰り返す

嘔吐を繰り返す、食欲がなく元気がなくなる、下痢をするなどの症状があれば、すぐに獣医師に診せるようにしましょう。

詳細はこちら
尿の回数が多い
血尿がでる
尿の回数が多い
血尿がでる

尿の回数が多く量が少ない、血尿が出る、陰部を繰り返し舐めるなどがあり、前立腺炎は去勢によって再発防止に有効です。

詳細はこちら
歩き方がおかしい
歩き方がおかしい

椎間板ヘルニアにより運動麻痺の症状から排便や排尿障害が見られ重症化すると、四肢が麻痺して痛覚を失い歩行困難になります。

詳細はこちら
元気がない
元気がない

適度な運動と年齢に合った食事、ストレスのない環境をつくることが大切です。                       

詳細はこちら
待合室待合室
わんちゃんの出産
お考えの方

わんちゃんも室内で飼うことが多くなり、運動不足・肥満・栄養のアンバランス・精神力低下などが原因で、動物としての本能を失ってきているようです。そのため、出産時にも人間の介助が必要であることが増えてきており、特にチワワ・ミニチュアダックス・マルチーズ・ヨークシャテリア・トイプードルなどの小型犬は難産になりやすい傾向があります。わんちゃんの出産を考えている方は、きちんとサポートをしていくようにしましょう。

わんちゃんの去勢・
避妊をお考えの方

繁殖させる予定がないのにもかかわらず妊娠してしまうと、面倒をしっかりと見きれなくなってしまう恐れがあります。実際に、年間数十万頭のわんちゃんが殺処分されているというデータもあります。また、去勢・避妊手術を行うことでペットがストレスに悩むことや生殖器に関する病気の発症を抑えるといった効果もあります。まずは去勢・避妊手術についてよく知って頂き、後悔しない結論を出して頂ければと思います。        

ご家族の方も安心!!ふくだ動物病院の最新の設備



アクセスマップ

〒599-8241 大阪府堺市中区福田871-1
※公共交通機関:「北野田駅」もしくは「なかもず駅」からバス
※お車:専用駐車場(12台)
※バス案内:南海バス32番系統(堺駅南口~三国ヶ丘駅~なかもず駅~北野田駅) 「下出口」下車すぐ

ふくだ動物病院 オフィシャルサイト ふくだ動物病院 手術サイト トリミングブログ
TEL:072-239-2211