院内通信

tel_sp.png

2013.05.28更新

昔と比べて家族構成が減った現在は室内でわんちゃんを飼われている方がとても増えました。
また、室内で飼いやすいように小型犬も多く、室内ならではの病気も増えてきたようです。室内で飼われている小型犬に多く見られる病気の1つに骨折があります。
これは高所からの落下が一番の原因です。

また、蚊が媒体となってうつるフィラリア症も室内で飼っているからと言ってうつらないとは限りません。
皮膚病も家にいてもダニやノミが原因でかかることもありますし、定期的にブラッシングをしてあげないと毛玉やもつれができて、そこから皮膚病になることもありえます。
わんちゃんの病気や質問のことなら何でも当院にご相談ください。

当院では、最新の設備で治療や手術を行っております。
また充実した入院施設もございます。
さらに、飼い主様に疑問を解消していただける為にも、診察室だけでなく、命にかかわるような大手術の際にも手術室に同席していただけるようにしました。
また、治療にはあらゆる情報をご説明し、飼い主様に治療法を選んで頂いております。
当院の願いは飼い主様との距離を近くもって何でも相談ができる病院です。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.05.22更新

当院でのトリミングは獣医師の健康チェックやトリマーの報告書もお付けしています。
また、治療を受けた後にトリミングも受けて帰る方も多く、すっきりとして帰宅していただけます。

トリミングではシャンプーやカット以外にも爪切りや耳掃除、肛門腺をしぼります。
これは、たまると痒がって床にこすりつけたり、お尻の周りのニオイがきつくなってきます。ですから、初めは痛がるかもしれませんので仔犬の時から慣らしてあげた方が良いです。

シャンプー後のドライヤーの際には、強い風で皮膚に異常がないかなど全体をチェックしています。
根元までしっかり乾かさないと皮膚がむれて皮膚病の原因になることもあります。
ご家庭では根元までしっかり乾かすのはとても困難だと思いますが、人間用のドライヤーは高温の為十分注意してください。
また、定期的にブラッシングをしてあげないと、毛玉やもつれができてしまい、その下の皮膚がむれて皮膚病になったりする場合もあるので注意が必要です。

当院では大切な家族の一員であるわんちゃんの診療を最後までしっかり担当させて頂きます。
わんちゃんの事なら堺市にあるふくだ動物病院までご相談ください。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.05.21更新

犬の病気の中で注意をしなければいけないものにフィラリア症があります。
これはフィラリアに感染した犬の血を吸った蚊が媒介する病気でフィラリアとは寄生虫のことです。
これに感染してしまうと、心臓や肺動脈に寄生して重大な病気になります。

この病気の一番やっかいなのが、蚊を媒介とするためにいつ、どこでうつるかわからないということです。
また、うつったからと言ってすぐに症状がでるわけではなく、フィラリアが体内で成長し、体に様々な障害が出るまでには少し時間がかかり、症状が現れた時には深刻な状態になっていることが多くあります。

このフィラリアを予防するには、蚊が飛んでいる春から秋にかけて毎月の投薬などが必要となりますし、毎月欠かさず行っていたのに最後の月を忘れた為にうつってしまった。
などと飼い主様の負担も少なからずあると思います。

このたび、新しく発売されたフィラリア予防薬は1年間の持続効力がある注射です。
狂犬病ワクチンのように年に1度だけ注射をすれば予防ができるようになりました。
また当院では期間限定メニューでフィラリア検査と血液検査をセットにした「フィラリアプラスわん」という、血液で健康状態もチェック出来るようなメニューも作りました。
どのようなご質問でも結構ですので、お気軽に当院までご連絡ください。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.05.12更新

家で飼っているネコちゃん、ワンちゃんも人間と同じで、さまざまな病気にかかることがあります。
骨折したり、椎間板ヘルニアになったり、動物は、人間と違って「痛い」、「苦しい」と伝えることができません。
日頃からよくペットの様子を観察してやることが大切です。
身体中を舐めたり、噛んだりしてないか、下痢や嘔吐はないか、元気はあるかなど気を付けて観察してください。

また、ペットに子どもができたらどうしましょうか。
同じように家で育てることができる場合はいいのですが、人に譲らなければならないとか、始末に困るようなこともあるかもしれません。
そのような場合には、前もって去勢や避妊手術をしておくことをおすすめします。
また、ペットの問題行動にお悩みの場合にも、矯正や避妊手術をすることで軽減できることがあります。

予期せぬ妊娠を避け、不幸なネコちゃん、ワンちゃんを減らすために、また、発情期のストレスから開放してやるために、一度去勢や避妊手術を考えてみてください。
ペットの病気や去勢、避妊についてわからないことがあれば、堺市にあるふくだ動物病院までご相談ください。

投稿者: ふくだ動物病院

ふくだ動物病院 オフィシャルサイト ふくだ動物病院 手術サイト トリミングブログ
TEL:072-239-2211