院内通信

tel_sp.png

2013.12.25更新

堺市で犬の皮膚病なら、当院にお任せ下さい。
当院はICUや内視鏡、FCRといった最新の高度な設備を整えておりますので、迅速かつ正確な診断が可能です。

わんちゃんが身体を掻いたり、痒がる症状はありませんか。
皮膚のトラブルでは、アレルギー性皮膚炎やノミ、ダニによる皮膚病や内分泌性皮膚炎などがあります。
当院では犬の病気、特に皮膚病の治療に自信がありますので、ぜひご相談下さい。

当院は御堂筋線なかもず駅の近くにあり、駐車場も完備しております。
診療時間は、9時から19時まで土曜日はもちろん、日祝日も午前診療致しております。
入院設備も完備しており、ご家族の方にも安心して頂ける環境が整っております。
どんな些細な症状でもお気軽にご相談下さい。
メールやお電話でお問い合わせを受付しております。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.12.18更新

犬の皮膚病は、アレルギー性のものや、ダニや細菌によるものなど様々です。
急にフケが多くなるとか、皮膚が乾燥し痒がる、かさぶたや脱毛が見られるような場合は、乾性脂漏症を患っているかもしれません。

乾性脂漏症は、新陳代謝がよくなりすぎて角質化するものです。
アレルギーや細菌が原因で発症することや、脂肪分の摂取が少ないとかビタミンやミネラル不足で皮脂の脂が出にくくなり発症することもあります。
また、体質に合わないシャンプーの使用が原因で起こることもあります。

反対に皮膚から脂が出すぎるため、皮膚がベタベタするような油性脂漏症を患うこともあります。

犬の様子を観察し、皮膚に異常が見られたり、痒がったりする場合には、堺市の当院へお気軽にご相談ください。
獣医師の診断の下、適切な治療とケアをしましょう。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.12.11更新

こんにちは。
皆様のご家族の一員であるわんちゃんは、お元気ですか。
いつもと変わった様子は見られませんか。

尿の回数が多く量が少ない、血尿がみられる、陰部を繰り返し舐める動作が見られる、などといったことはありませんか。

この症状が見られた場合、膀胱炎の可能性があります。
膀胱炎は泌尿器疾患の中では最も多い病気となっています。
原因は細菌による感染です。
そして一般的にオスよりもメスのほうが、発症頻度が高いといわれています。
そのまま見過ごしてしまうと、前立腺炎を引き起こす可能性もあるのです。
膀胱炎をそのままにしておくと腎臓炎になってしまう恐れも出てきます。

抗生物質の投与により改善がします。
何かおかしいと感じましたら堺市の当動物病院までご連絡ください。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.12.10更新

ご自宅のわんちゃんが、頻繁に体を掻いたり、かゆがったりしていませんか。
また、フケが増えたように感じたり、湿疹が確認できたりするようであれば皮膚病を疑ってみる必要があります。

犬の皮膚病の主な原因は、アレルギー性のものやノミ、ダニによるもの、また、体内のホルモン分泌異常によるものなどさまざまです。
犬は、薄く傷つきやすい皮膚を持ち、その上を厚い被毛で覆われています。
皮膚に異常があると、被毛に着いた汚れや細菌が傷ついた皮膚の状態をさらに悪くしてしまうことにもなります。

傷の状態がひどくならないうちに、早めに受診することをお勧めします。
早く治療を始めることで、わんちゃんの体への負担も少なくてすみます。
少しでも気になる仕草が見られるようでしたら、お気軽に当院へご相談ください。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.12.04更新

当院は日曜や祝日も診療して、地域のわんちゃんたちのホームドクターとして頑張り、全国各地からも多数患者さまが来院されます。

麻酔のリスクを軽減して救命率を高くするICUや、レントゲンでは写らない炎症を見つけるための内視鏡、鮮明な画像を映し出し時間短縮できて正確に診断できるFCRといった最新設備を整えていますので、安心して家族の一員でもあるわんちゃんを預けていただきたいと思います。

愛犬が頻繁に体を掻いていたり、フケがでたり湿疹が出ていたりする場合は、アレルギー性皮膚炎や内分泌性皮膚炎、ノミやダニによる皮膚病などが考えられます。

皮膚に何らかの症状がある場合は、当院へ受診していただき治療を行い、週に1回のブラッシングや予防などのケアをしていくことが大事です。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.11.26更新

人間と違って言葉を話せないワンちゃんは、かゆみや体の異常をはっきりと言い表すことができません。
だからこそ、病気に早く気付いてあげるには、飼い主様がワンちゃんの仕草や体の状態を常に気にかけてあげることが大切になります。

例えば、耳や体を足で掻く、足をなめる、噛むなどの症状が見られるワンちゃんは、耳や皮膚の病気である可能性があります。
体にフケや湿疹、脱毛箇所があるかなども確認してみてください。

耳や皮膚の病気の原因としては、ノミやダニなどなどの寄生虫、カビや細菌、食物や環境におけるアレルギーなどの原因が考えられます。

ワンちゃんの異常に気付いた場合は、まずは獣医師に相談しましょう。
考えられる原因を取り除き、寄生虫予防や日常のケアを大切にすることで、ワンちゃんの辛さを解消してあげましょう。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.11.21更新

犬の皮膚病で最も多いと言われているのが膿皮症であり、皮膚にブツブツができてやがて徐々に広がり痒さを伴う症状です。

発症の原因は、掻き毟ることにより傷口から細菌が進入し、炎症を引き起こすことにあり、掻き毟った傷口からでる体液が細菌の栄養となりより悪化する場合もあり、アレルギーが原因で発症する場合もあります。

当院では最新医療機器を装備しており、より詳細な検査が可能です。
また、当院では湿度や温度、酸素濃度の自動調整を行い、伝染病対策なども万全ですので、安心して大切なワンちゃんの皮膚治療を受けていただけます。
治療後も週に一度のワンちゃんのブラッシングやシャンプーの手順をはじめノミやダニ予防策をアドバイスさせて頂いておりますのでお気軽にご質問下さい。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.11.11更新

ご自宅のワンちゃんは患部を引っかいたり、舐めたりしているため脱毛していませんか。
皮膚病かもしれません。
ほっておくと傷が広がってしまいます。
痒みの為に気持ちが塞ぎ、他の怪我や事故につながらないとも言えません。
小さい症状のうちに見つけましょう。

日頃からわんちゃんのシャンプーや毛の手入れを入念に行っていれば、少しの変化にも気が付くはずです。
シャンプーは毎日でなくてもかまいません。
犬用のシャンプーを使い洗ってあげましょう。
全身が毛でおおわれているため蒸れやすいのできちんと乾燥をしましょう。
ブラッシングを行ってあげてあげてください。
また食生活の面からもケアしてあげましょう。
バランスの良い食事は不可欠です。

おかしいなと思ったら堺市の当院へお越しください。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.11.07更新

わんちゃんも人と同じように、さまざまな病気にかかることがあります。
目やにや涙が多い、視力が悪いような場合は、結膜炎や角膜炎、老犬になると緑内障や白内障にかかっているかもしれません。

耳を痒がったり、耳を頻繁に振ったりしている場合には、外耳炎や腫瘍がある場合もあります。
また、食欲がなくなるとか、元気がない、痩せてきたような場合には、歯周病や内科系の病気にかかっている場合があります。

身体を痒がる、フケや湿疹などがある場合には、アレルギー性皮膚炎や皮膚病などの疾患にかかっているかもしれません。

いつもと違うわんちゃんの様子には、それなりの理由があります。
いつもと違う様子に気がついた場合には、お気軽に当院までご相談ください。
症状に合った治療をし、日常のケアなどについて詳しくご説明いたします。

投稿者: ふくだ動物病院

2013.11.04更新

早いもので今年ももう残り少なくなくなってきました。
本当に一年はあっという間に過ぎてしまいます。

当院は昨年移転リニューアルをし、最新の設備を備えた明るく綺麗な施設の中で日々努めております。
毎日様々な症状のワンちゃんが来院されますが、飼い主様のご不安を少しでも軽減できるようスタッフ一同力を合わせ頑張っております。

当院は、特にワンちゃんの皮膚病に関して専門的に治療を行っております。
毛が長く見た目ではなかなか見つけにくい病気ですので飼い主様が定期的にブラッシングしてあげるなどそれなりのケアが必要です。
しかし、どうしても防ぎようがない事もありますので少しでも異変に気づいた時にはまずは診察を受けてください。
何事もそうですが、手遅れにならないよう早め早めの行動を心がけて下さい。

投稿者: ふくだ動物病院

前へ 前へ
ふくだ動物病院 オフィシャルサイト ふくだ動物病院 手術サイト トリミングブログ
TEL:072-239-2211