目、耳、歯の病気

tel_sp.png

目の病気

目やにが出る、涙が多い、視力の低下などのお悩みの方



見られる症状

目やにが出る、涙が多い、視力の低下など。

考えられる病気

アレルギーによる掻きむしりや、目にゴミが入るなど、刺激による外傷で目に傷がつく結膜炎や角膜炎、トイプードル、プードルのように長い被毛の犬種に見られる逆まつげが目やにの原因になります。
また、視力の低下の原因となる緑内障や白内障は、老犬にかかりやすい病気で手術が必要です。

予防と治療

目やにや涙のほか、目が腫れていないか、白っぽくなっていないか、普段からチェックしてあげましょう。
目に異常を感じたら獣医師や眼科専門医の診断をおすすめします。

耳の病気

耳をかゆがる、耳をふるなどの症状が見られた方

見られる症状

耳をかゆがる、耳をふるなど。

考えられる病気

耳の病気は外耳炎が多く、原因は寄生虫の感染や、カビの繁殖、アレルギーにあります。赤く腫れて、かゆみや耳あかなどの症状が見られます。また、耳の腫瘍が大きくなると、炎症を起こし、分泌物や出血が見られ、化膿する場合があります。
腫瘍が確認されると、良性のものか、悪性のものかを検査します。

予防と治療

かゆみや痛みを感じると、さかんに耳をふります。悪性の腫瘍の場合、外科手術で切除しますが、耳の病気の多くは、耳そうじと点耳薬で改善されます。週に1回程度の耳そうじを習慣づけることが大切です。

歯の病気

最近食欲がない、元気がなくなって痩せて心配な方

見られる症状

食欲がなくなる、元気がなくなる、痩せるなど。

考えられる病気

歯周病は歯にたまった歯垢や歯石に細菌が繁殖して炎症を起こします。
進行すると歯槽膿漏になり、歯のグラつきや抜け落ちの原因になります。
また、歯周病は口内にとどまらず、心臓や肝臓など、内科系の病気につながる可能性があります。

予防と治療

歯周病は初期であれば歯垢や歯石を取り除きます。歯の病気は治療よりも予防が大切で、毎日、歯磨きを行い、口の中を清潔にします。ブラッシングやトリートメント、ドッグフードの種類を変えることをおすすめします。
歯磨きフードやサプリメントも歯の予防に効果的です。

ふくだ動物病院 オフィシャルサイト ふくだ動物病院 手術サイト トリミングブログ
TEL:072-239-2211