骨折などの整形外科

tel_sp.png

骨折・ヘルニア・整形外科

椎間板ヘルニアは、重症化すると、歩行困難になります。

考えられる病気

ビーグル、ダックスフンドなどの犬種に多い椎間板ヘルニアは、背骨の神経細胞が圧迫されて神経麻痺になります。
初期の段階では運動麻痺の症状から排便や排尿障害が見られ、重症化すると、四肢が麻痺して痛覚を失い、歩行困難になります。
骨折は交通事故や高所からの落下が原因になっています。

見られる症状

椎間板ヘルニアは段差の昇り降りや全力疾走などの激しい運動や、肥満、骨の老化により、頭部や胴体を支える脊柱のクッションの役割を果たしている椎間板への負担が原因となります。
骨折は室内犬として買われる小型犬に多く見られます。よくある原因は高所からの落下で、とう尺骨骨折(手首)、膝蓋骨内方脱臼、股関節脱臼などが引き起こされます。

予防と治療

軽度の場合、薬剤で患部の痛みを抑える内科的治療を行いますが、重症の場合は、外科的治療後、リハビリを行い、神経の機能回復を図ります。骨折はしつけやリードで事故を未然に防ぎます。

ふくだ動物病院 オフィシャルサイト ふくだ動物病院 手術サイト トリミングブログ
TEL:072-239-2211